子育てについて

子育てについて 2019.05.24

子どものための家づくり~空間を上手に使うアイディア3【前編】~

今回は子どもがより安心して、すくすくと育つ住まいのアイデアをご紹介。
子どもが自由に遊べる工夫や基本的なしつけも習慣づけられる空間づくりについて、ポイント別に解説します。

まだ小さい子どもにとって、住まいというのは絶対的な場所であり、安心できるところでもあります。
子どもがよりすくすくと育つ環境にしてあげたいと願うのは、親として当然のことですよね。

1.落書きができるスペース

子どもはとにかく落書きが大好きです。
壁紙にラクガキをされて、ついつい叱ってしまう人も多いのではないでしょうか?
ですが、子どもにとって落書きは脳の発達などにおいて、いいものとされています。
子どもの成長のためにも、黒板塗装やホワイトボード、ホーローパネルなどで落書きできるスペースをつくれば、叱ることもなくなりますし、一石二鳥です。

2.天井の高い家

天井の高い家は大人にとってだけでなく、子どもにとっても非常に気持ちのいい空間です。
天井の高い家でのびのびとした環境で過ごすことは、子どもの成長にも良い影響を与えることができます。

3.帰ったらすぐ手が洗える洗面スペース

「帰ったらすぐにうがいをして手を洗いましょう」とは言うものの、洗面所が遠かったり使いにくいと億劫になってしまいますよね。
ですが、玄関横に小さな手洗い場があれば、手を洗う習慣がつけやすいです。
子どもだけでなく、大人にとっても、出かける前に少し身だしなみのチェックができたり、と便利な設備なのでオススメです。

まとめ

後編でも、子どものための家づくりに役立つアイディアを3つご紹介します♪

お楽しみに!

この記事を書いた人
づめさん
社会人3年目。お家のことを勉強しながら一生懸命記事を書いています!(笑)知識も記事も増やしていけるよう頑張りますので応援していただけると嬉しいです♪
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!