家づくりについて

家づくりについて 2019.06.18

夢中になっちゃうスキマ時間③

「家事のために時間をつくる」のではなく

「スキマ時間を見つける」のです!!!!!

どうも〜! 2018年に1児の父と相成りました、
フリーランスのコピーライター・ONOBORI3の竹内ヤクトです。
シリーズ開始から早くも3回目となりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
家族で子育てをしながら、
家事を楽しみ生活を楽しみ、
そして仕事も人生も楽しんでいく
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな生き方ができたらいいなとぼんやり頭の中に浮かべながら
日常生活で発見したアイディアを
いまこの画面でこの記事を読んでいる

“あなた”と共有していきたいなと、

今日もキーボードをカタカタしております。
記念すべき1回目から続く、
「スキマ時間」第3弾は・・・「離乳食をつくる7〜8分」です!

我が家では、息子の大事な食事は
授乳に続きお母さんが担当中。

好物の湯豆腐と、作り置きの小松菜系?の何かが台所に並び始めました。

この時間に何をするかが、命運を分けるのです。

手伝うといっても、一人でやったほうがはやそうな雰囲気。
変に手を出すよりは、何か他のことを・・・。

ただただ息子を遊んでいる時もあれば
安全確認だけしながらお茶でも飲んでいる
なんてこともありますが、
こういう時間を何か家庭的に有意義なことに充てることで
あとでやると面倒な家事も
さらりと終わらせられちゃうのです。

はい。で、何をしたかと言いますと・・・

外に干してある洗濯物の取り込み〜〜〜!

つい、うっかり、取り込み忘れて夜になってしまうと
虫が入ってきそうとか
風呂に入ったあと裸で出るのもなんだしなと
そのままになってしまうことを防げます(ありますよね?ありませんか!)。

この日はシーツや布団カバーも干していたので、
一気にベランダが片付きました。

離乳食を待つ7〜8分。洗濯物の取り込みで、スッキリ!

ちなみにこの時間、
息子はぼくの片腕に抱っこされておりました。
まだ8kgくらいなので、
なんとか片手に収まります。
外の夕暮れをみたり
涼しい風を浴びて心地よさそうでした。

嗚呼、なんというスキマ時間の楽しみかた。

「スキマ時間で、家事に夢中!」

ありがとうございました。

この記事を書いた人
コピーライター竹内ヤクト
青森県むつ市出身!平成元年生まれのビール大好きコピーライター。 屋号はONOBORI3(オノボリサン)。 ヒゲと天然パーマが目印の新米お父ちゃん。 息子の成長が毎日の活力!
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!