家づくりについて

家づくりについて 2019.02.22

後悔しない収納の作り方 - 今日からできる簡単なこと

賃貸住宅に暮らしていると収納量が限られますから、
家族が増えるとともに手狭になりますね^^;



でも実は、

「収納はたっぷりあったら片付く」というのは幻想で。

たっぷり収納は
ものが増えたり、
取り出しにさの原因になることも。

というのも、
同じ家でも住む人によって
必要なモノはもちろん、
モノの量や管理の仕方、
収納の使い方だって人それぞれ異なります。

つまり、入れるモノが変われば、必要な収納も変わります。

 

携帯のケースを買うとき、
機種を確認してから購入するのと同じで。

 

収納も

入れたいものや、
入れたい量、
入れたい場所など、

確認しておくことが大切です。

 

後悔しない!収納作りのポイント

たとえば、トイレをイメージしてみましょう♪

トイレットペーパーやサニタリー類、洗剤など、
日々当たり前に使うものは、トイレに収納したいと思いませんか?

だとしたら、

1.トイレットペーパーのストックは何個くらい?どこにあったら便利?

2.サニタリー類は何種類?ストックはどの位?どこに置きておきたい?

3.洗剤や掃除道具は何種類?どこに保管する?

4.トイレマットの予備は何枚?どこに保管する?

5.トイレに必要なモノのサイズは?何枚必要?

など。

日々の暮らしを見渡して
モノの種類や量、寸法などを具体的にリストアップしておくとよいでしょう。

コストコやドラッグストアでまとめ買いをする方は、
一番多い時の量はどれくらいか、チェックしておくと安心です。

こんな風にリビングやダイニング、クローゼットや収納など
一部屋ごとにていねいに向き合っていくと、
無意識にしている習慣が客観的にわかります。

収納は、暮らしに必要な物を収納するための場所。

「決められた収納に入れるモノを合わせる」ではなく、
「自分の持ち物に収納を合わせる」と考えましょう♪

 

この記事のまとめ

失敗しない収納作りは、

入れたいものや、
入れたい量、
入れたい場所

をしっかりイメージしておくこと。

自分の入れたいものがわかっていると、
担当の設計士さんやインテリアコーディネーターさんに相談しやすいですし、プロのアドバイスをもらいやすくなりますよ。

ぜひ試してみてください♪

この記事を書いた人
HORIGUCHI
二級建築士・インテリアコーディネーター・ライフオーガナイザー(R) 。美しさを持続する仕組みとルールを採用した家作りが得意です。趣味は料理とガーデニング。
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!