家づくりについて

家づくりについて 2019.01.22

1000家族の声からできた「30坪」+「10坪の収納スペース」がある家

今回ご紹介するお住まいは、
屋根裏や地下空間を有効活用しながら、
暮らしを豊かにする工夫がたっぷり詰まったお家です。

居住空間は30坪とお手ごろな広さ!
収納に使える空間が「+10坪」

お家を建てた約1,000家族に聞いた結果、
家づくりで大切なのは「収納」でした。

「家がほしい」と思うとき、最初に考えることは何でしょう?
予算?子どもの学区?家の外観?もちろんそれも大切なこと。

でも、まずは、「本当にしたいのは、どんな暮らし?」って
自分に尋ねてみてください。

たとえば、「週末には子どもとパンを焼きたい」
「ゆっくり一人で読書を楽しみたい」
そんな「叶えたい暮らし」をイメージするところから家づくりを始めましょう。

豊かな暮らしを実現する3つの収納スペース

1.玄関奥に何かと便利な「土間収納スペース」

ただでさえ忙しい朝。
あれこれ悩まず、パパッと出かけられるといいな。
玄関の「土間収納スペース」からコートを取り出してさっと羽織って、
スムーズにお目当ての靴を選んだら、ドアを開けて「行ってきます!」。

スッキリした玄関なら、気分よく1日をスタートできそうですよね。
帰ってきた時も気持ちがいい!
寒い季節の今だから、入った瞬間に何だかホッとするかもしれません。

2.地下の収納なら、居住空間はいつも広々

季節の家電や趣味のグッズなど、まとめて収納できる地下空間なら、
お雛さまや五月人形の収納にもいいですね。
また、子供たちが大きくなって食べ盛りになれば、
必要な食品のストックも増えるかもしれません。
今の持ち物+2~3割の余裕を持って収納計画を立てましょう!

3.子どもたちの作品やパパの趣味グッズはロフトの家族ミュージアムへ。

幼稚園や保育園での工作や絵の傑作、
本当はしまいこんでしまうよりも、ちゃんと飾ってあげたいですよね。
パパのフィギュアも飾る場所があったら、きっとパパも喜びます。
「部屋が狭くなる!」なんて思わずに、
いつでも好きなものを広げられる場所があったら、心にも余裕が生まれそうです。
屋根裏のロフトスペースを家族みんなで楽しみませんか。

ママスペースで一人で没頭したい、時もある。

子育てして、家事して、お仕事して…
それはとても充実した幸せな時間だけど、
時には一人になって趣味に没頭する時間だって、ママにとっては大切です。
「ひょっとしたら、ハンドメイド作家になれちゃう!?」
なんて夢もひそかに抱きながら、時々夢中になるのも良いかも。
北側の部屋でもひんやりしないから、長時間楽しく作業できます。

まずは実際にご覧ください!

空間の広さや使えないと思っていたスペースをどんな風に利用できるのか
費用はできる限り抑えたいけど、デザインも暮らしやすさにもこだわりたい。
そんなご家族にぴったりのお住まいです。
この機会にぜひ、ご体感ください。

開催日  2月2日(土)、3日(日)
会 場  北群馬郡榛東村大字山子田
時 間  10:0 0 ▶ 17:00
マップコード 94 672 721*87

事前予約をおススメします!
ご予約は下記から。
https://happykaji.jp/request/

この記事のまとめ

今回の完成見学会見どころ!
後悔しない家づくりに大切なことは「収納」

1.玄関奥に何かと便利な「土間収納スペース」
2.地下の収納なら、居住空間はいつも広々
3.子どもたちの作品やパパの趣味グッズはロフトの家族ミュージアムへ。
4.働くママの暮らしが豊かになる間取り

この記事を書いた人
ハピ家事コンシェルジュ・中村
一児の母。 好きな食べ物は『パン!』 早朝、家族が寝ている時間にランニングマシンでウォーキング中!
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!