家づくりについて

家づくりについて 2019.03.11

「温度差のない家」を建てるポイントとは?

 

ちづるおばさん、本日も絶好調でございます笑

しかし、おっしゃることはごもっともなのです。

 

住環境について考えるとき、「室内の温度差」はとても重要なポイントです。室内の温度差が大きいと、「リビングでは暑いけど、寝室では寒い」というふうに、家の中で過ごしやすい温度を保つのが難しくなります。

また、単に過ごしやすさの問題だけでなく、健康への影響も忘れてはいけません。大きな温度差は、疲労やヒートショック現象を引き起こす原因になってしまうからです。

 

今回は、

・今の住まいは部屋ごとに温度差があり疲れてしまう&体調を崩しやすい

・家中温度差をなくして、小さい子どもから高齢の家族まで皆で健康に過ごしたい

という方のために、「温度差のない家」を建てるためにはどのようなことに気をつけたいいのかご紹介しましょう。

 

「温度差のない家」を建てるカギは、断熱化と気密化

 

「温度差のない家」を実現するためには、建物の断熱化と気密化を行わなくてはなりません。

 

建物の断熱化というと、壁の間に断熱材を隙間無く敷き詰める方法を想像するかもしれません。しかし、温度差のない家を実現するためには、「お家丸ごと断熱」が必要になります。建物の一部だけが温まるという状況では、温度差が生じてしまいやすいからです。壁はもちろんのこと、屋根や基礎部分まで断熱材ですっぽりお家を包んで、冷気を家に伝えない、温かさを家から逃がさない、まるでお家が魔法瓶のような状態になることで「温度差のない家」を実現できます。

 

もうひとつの方法である気密化とは、建物の隙間をなくすこと。窓やドアといった開口部の隙間に充填剤を入れるのが一般的な方法でしょう。また、工場生産方式により、均質化された材料で建てられた家は、隙間ができにくいため気密化に適しています。

 

「温度差がゼロの家」は存在しない

 

「温度差のない家」とはいっても、「完全に、家中の温度を1℃の違いもなく統一する」ことは事実上不可能です。たとえば、どの家にも直射日光が当たる日向と、そうでない日陰があると思います。日向と日陰では、当然ながら温度を同じに保つことはできません。また、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動する性質を持っています。そのため、通常2階建ての家では2階の温度は高く、1階の温度は低くなってしまうのです。

 

自然エネルギーを利用するだけでお家の快適さは変わる!

 

前述の通り、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動する性質があります。しかしこの空気が移動する性質を最大限に生かし、自然エネルギーとして利用することは可能なのです。→エアムーブ工法の秘密

お家の仕組みそのものが自然エネルギーを生み出すことで、エアコンや床暖房といった機械の力に頼りきりになる暮らしから卒業することも出来るのです。

 

部屋ごとの温度差は5℃以内が目安

 

目安としては、「外気温と室温との差は7℃以内」、「部屋ごとの温度差は5℃以内」に抑えることを目指すといいでしょう。その程度であれば、温度差が原因で生じる病気を予防し、温度差による疲労を軽減することができます。

 

もちろん建物の断熱化と気密化のためにさらに多くのコストを費やせば、目安となる数値以上に温度差を小さくすることは可能です。

 

しかし、そこまでコストを費やす必要があるのかどうかは慎重に考えてください。「温度差のない家」をつくるそもそもの目的は、家族の健康を守ることです。室内温度差が5℃以内に収まれば、その目的を達成することはできます。温度差のない家づくりを進めるときは、どんな暮らしをしたいのか、どこまでお金をかけるべきか、コストパフォーマンスを考えながら計画を立てていきましょう。

この記事を書いた人
づめさん
社会人3年目。お家のことを勉強しながら一生懸命記事を書いています!(笑)知識も記事も増やしていけるよう頑張りますので応援していただけると嬉しいです♪
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!