間取りについて

間取りについて 2019.02.26

花粉の季節も心地よく!共働き夫婦のための物干しスペースの作り方

いよいよ、花粉の季節がやってきましたね^^;



花粉の季節はもちろん、
雨の日も洗濯物は
洗濯物が乾きにくい寒い季節も洗濯物は毎日出るもの。

数日たまれば山になるし、
できれば毎日洗いたいけど、部屋に干す場所がない^^;

とご相談をいただくこともよくあります。

私たちが育った時代の住まいは、
花粉症の人も今ほど多くはなかったし、「洗濯物は外に干す」が一般的。

でも今は、花粉症の人が全体の約4割、
共働きの家庭が1000万世帯を超え、
通年通して部屋干しする家庭が増えています。

そのため、家作りを考えるとき

・洗濯モノは室内に干す
・洗濯スペースのそばのファミリークローゼット
・洗濯がラクになる仕組み

などを採り入れたプランの人気が高いです。

 

花粉の季節も梅雨の季節も安心な、洗濯スペースの作り方

洗濯モノは室内で干す

最近は、2Fにバルコニーを設けるかわりに、
室内物干しのスペースを大きく作るプランも多くなりました。

洗面脱衣室から近い場所に設けるプランや、
2Fのホールに洗濯物を干すプランに人気があります。

洗濯スペースのそばのファミリークローゼット

洗濯は
「洗う → 干す → 取り込む → たたむ →  しまう」
などステップ数が多い家事。

ステップごとの場所が違うと
洗濯物を取り込んまま山になったり、
たたんだ洗濯物を放置したりなりがちです^^;

洗濯物を室内に干すにしても、外で干すにしても、
洗濯スペースのそばに収納場所があるだけで、家事は格段にラクになります。

間取りによっても、
洗濯スペースの作り方は変わりますが、共働き家庭の強い味方になるでしょう。

洗濯がラクになる仕組み

さらに洗濯をラクにしたいなら、
たたむステップをなくしてみては?

衣類はハンガーにかけたり、
靴下や下着はカゴに入れるのもよいアイデアです。

たたむのが苦手な方は、
タオルもたたまない収納を作るのもアリ♪

苦手なことは手放して、片付く仕組みを作りましょう^^

この記事のマトメ

花粉症の方にも
共働き家族の方にも

・洗濯モノは室内に干す
・洗濯スペースのそばのファミリークローゼット
・洗濯がラクになる仕組み

は、家事を協力しやすく、時間を生み出すためにも役立ちます。

できることが自然と増えて
家族の自立にもつながります♪

我が家もこの仕組みのおかげで、夫の家事力はグングン上昇しています^^

この記事を書いた人
HORIGUCHI
二級建築士・インテリアコーディネーター・ライフオーガナイザー(R) 。美しさを持続する仕組みとルールを採用した家作りが得意です。趣味は料理とガーデニング。
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!