家事について

家事について 2019.04.23

夢中になっちゃうスキマ時間②

「家事のために時間をつくる」のではなく

「スキマ時間を見つける」のです!!!!!

どうも〜! 2018年に1児の父と相成りました、
フリーランスのコピーライター・ONOBORI3の竹内ヤクトです。
2回目の記事です。

繰り返しになりますが、
「家族で子育てをしながら、家事を楽しみ生活を楽しみ、
そして仕事も人生も楽しんでいく」
そんな生き方ができたらいいなとぼんやり頭の中に浮かべながら
日常生活で発見したアイディアを
いまこの画面でこの記事を読んでいる“あなた”と共有していきたいなと、
キーボードをカタカタ打っています。

記念すべき1回目から続く、
「スキマ時間」第2弾は・・・「寝起きの数分間」です!

とある晴れた朝の6時ころだったでしょうか。

高い声に、ズリズリと動き回る音がする・・・。

あー眠い・・・もうちょっと寝たい・・・。

横で妻はまだ寝ている・・・。

・・・!

お前か!

ズリバイで元気に動き回るようになった息子よ!

この時間に何をするかが、命運を分けるのです。

まだ妻は寝ている。
だけどもうあと5分,10分で起きるだろう。
そして、床はなるべくキレイに保とうと
ほぼ毎日モップがけや掃除機がけをする竹内家(普通?笑)。

最後に掃除したのは昨日の朝かな・・・。

24時間分のチリやホコリが落ちていないか気になってきた・・・。

そんなことはおかまいなしに、
ズリバイで寝室から隣のリビングへ進撃を始める息子。
これでは歩く・・・いや、這う雑巾と化してしまう。

んあ〜眠いけど!
妻が起きるまでの5分間で!

クイックルワイパーの登場!!!!!!

これで、
スッキリした朝が迎えられます。
スッキリした床を息子がズリズリできます。

朝のTo Doがひとつ減り、気持ちもスッキリ。

息子が起きてから
妻が起きるまでの
5分か10分。
サクッとクイックルで、スッキリ!
まあ、起きる時間は大概妻のほうが早いんですけどね(笑)。

嗚呼、なんというスキマ時間の楽しみかた。

「スキマ時間で、家事に夢中!」

ありがとうございました。

この記事を書いた人
コピーライター竹内ヤクト
青森県むつ市出身!平成元年生まれのビール大好きコピーライター。 屋号はONOBORI3(オノボリサン)。 ヒゲと天然パーマが目印の新米お父ちゃん。 息子の成長が毎日の活力!
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!