暮らし方アイデア

暮らし方アイデア 2019.02.09

片付けても散らかるサイクルから脱出する、シンプルな方法

麻子さん、理想の暮らしとはほど遠く。
暮らしは負スパイラルになっているようです^^;



麻子さんのように、

片付けてもすぐ散らかる。

片付けたいと思うけど、
何をしたらいいか分からない。

家族がちっとも片付けない。

という声は本当によく伺います^^;

理想の暮らしと現実が違いすぎて、
「現実は上手くいかない」
とあきらめモードになる方がとってもとっても多いです。

でも、片付かないのは必ず理由があります。

順を追って進めていけば必ず解決しますから。

ぜったいに!!
あきらめないで^^

まして、
片付かないのは性格の問題でも、
センスの問題ではありませんから。

自分を責めたりしないでくださいね♪

片付かない毎日から脱出する、シンプルな方法

 

ステップは全部で3つあります。
まずは、ノートを一冊用意してください。(PCやスマートフォンでの書き出しでも構いません)

 

1.下記の5つの質問の答えを書いてみましょう。

<質問>

1)どこが散らかっていましたか?
2)何が散らかっていましたか?
3)置きっぱなしになっているものは何ですか?
4)今日家に入ってきたものは何ですか?
5今日、手放したものは何ですか?

 

<記入例>

1)どこが散らかっていましたか?  → リビングのオモチャスペース。
2)何が散らかっていましたか?   → オモチャ。子供が遊んだままにして、元に戻してくれなかった
3)置きっぱなしになっているものは何ですか? → 爪切り、新聞紙、ダイレクトメール
4)今日、購入したもの、頂いたもの、届いたモノは何ですか? → りんご1箱、100均で買った◯◯、学校からのお便り、携帯電話の請求書
5)今日、手放したものは何ですか? → りんごの箱、携帯電話の請求書

 

日々の暮らしを書き出してみると、

毎日同じ場所が散らかるなぁとか、
毎日◯◯が出しっぱなしだとか、
モノは入ってくるけれど、ほとんど手放すことがないとか。

日々無意識レベルでしているコトが、
客観的に見えるようになってきます。

まずは、3週間続けてみてくださいね♪

2.「どうしたら、片付くのか?」を考え、実践する

片付け上手な人ほど、
手間をかけず、簡単に片付く方法を実践しています。

反対に、
片付けに苦手意識がある方ほど、
完璧主義で、過去の常識に縛られていることがよくあります。

たとえば、

・洗濯物を「たたむ」から「かける」に変える
・脱衣室近くに、パジャマや下着を置くスペースを設ける
・不要なダイレクトメールは、玄関先で処分する

とか。

すぐできること、
簡単にできることで構いませんから、
まずは実践することが大切です。

3.持続させる・カスタマイズする

もしかしたら、最初のうちは、
実践しても上手くいかないこともあるでしょう。

でもそれは
「上手く行かない方法がわかった」というだけで、失敗ではありません。

実験するような感覚で
「自分に一番合う方法」
を探していけばよいのです。

たとえば
我が家のキッチンや洗面廻りは、
使いにくいな~と感じたときや
新しいグッズを購入したときは、

収納位置や方法を見直すようにしています。

新居に住んで2年と少しになりますが、
すでに10数回は見直しています^^

この記事のまとめ

部屋を片付けようと、
とにかくモノを捨てたり、
収納を購入したりする方が多いですが、

片付かない原因を取り除かなければ、
スッキリ片付く日々はいつまでたってもやってきません。

自分の暮らしを客観的に把握するワークは、
とってもとっても地味ですが^^;

一番早くて効果的♪

ぜひ、試してみてくださいね^^

この記事を書いた人
HORIGUCHI
二級建築士・インテリアコーディネーター・ライフオーガナイザー(R) 。美しさを持続する仕組みとルールを採用した家作りが得意です。趣味は料理とガーデニング。
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!