暮らし方アイデア

暮らし方アイデア 2019.03.12

失敗しない収納の上手な使い方ー収納の高さと優先順位

「たっぷり収納があったら片付く」

そう誰しも思うもの。でも実は……。



よくクライアントの方から

「一番上には何を置いたらいいですか?」

という質問をいただきます。

収納があると、不思議と「何かを入れなくてはいけない」と思いがちなんですが^^;
必ずしもモノを入れなければいけないわけではありません。

収納は大きく<3つのゾーン>に分けられます。
そのゾーンを意識しながら、「何を置くか?」を考えると良いでしょう♪

失敗しない収納計画ー3つのゾーンを極める

収納は、下図のような<3つのゾーン>に分けられます。

1.立ったまま取り出せるゴールデンゾーン

ゴールデンゾーンと入れる場所は、
モノが取り出しやすく戻しやすい場所。

キッチンで例えるなら、

家族用のお茶碗やカトラリー類、
毎日使う調理器具など、
日々の暮らしに必要なモノを優先的に置くようにしましょう♪

 

2.時々使うものは足元の下段に

毎日ではないけれど、必ず使うものは足元に収納がおすすめ。

例えばキッチン用品なら、
食材のストックや調味料など、
要なときにすぐ取り出したいものや
ミネラルウォーターやジュース類といった重量があるモノなど。

さらに、パっと見て中身がわかる
引き出し収納やキャスター付の収納を活用するがオススメです。

なお、子どもが使う場合は、
ゴールデンゾーンの高さが低くなります。

「自分にとっての取り出しやすさ」ではなく、
「子供にとって取り出しやすい高さ」をしっかり確認しきましょう。

3.上段はめったに使わないものか、空けておく

目線より上のスペースは、奥に何があるのか見渡しにくくデッドスペースになりがちです。

また、取り出すときも椅子や脚立が必要な場合も多いため、
重たい物を置くのは控えましょう。

キッチングッズなら、
お弁当用のパックや、紙コップ、
ラップやアルミホイル、キッチンペーパーなどのストック品や
季節ごとの食器や頂き物の食器などをおくとよいでしょう。

なお、上段に入れるものが見当たらない場合、
「何か入れなきゃ!」と思う方が多いですが。

は何がなんでも使わなければならない、ということはありません。
入れるものがなければ、予備スペースとして空けておきましょう。

h2>この記事のマトメ

収納は「とりあえず手にとったものからしまう」と、使いにくいままずっと暮らすことになりやすいです。

収納にモノを収める前に

・上段  → 優先順位の低いモノ
・ゴールデンゾーン → 優先順位の一番高いもの
・下段  → 優先順位が次に高いもの
など。

収納するモノを優先順位ごとに仕分ておくと、毎日ずっと使いやすい収納になりますよ♪

参考にしてくださいね^^

この記事を書いた人
HORIGUCHI
二級建築士・インテリアコーディネーター・ライフオーガナイザー(R) 。美しさを持続する仕組みとルールを採用した家作りが得意です。趣味は料理とガーデニング。
無料相談会

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!